MMORPG"Emil Chronicle Online"のプレイ日記。clover在住。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
しょーとしょーと(※ダーク風味苦手な方は注意)
はじめは、信じられなかったものだ。
遠く遠く手の届かないところにいるものと思っていた憧れの君が、自分を見つめて甘い言葉を囁く。
博愛の男は、来るものを拒まず、等しくすべてを愛した。
それが、自分を選んでくれた。嬉しかった。


愛した男がモテるというのは、気分のいいものだ。
自分が出会う前からそうだったのだし、それも惹かれた一因だ。
しかし、ある時訪れた冒険者に対しいつものように熱く語りかけた彼を見て、彼女は動揺した。


 「結婚」なんて、今までもみんなに言ってたかしら?
 もう今は「私」がいるのに。
 「私」に言ってくれたのに。


なぜかこのところ増えている訪問者たちに、彼はおなじように甘い言葉を囁いていく。
等しく、すべてに。
一番は自分だ、という優越感から気にならなかったはずのいつもの甘言が、ちくちくと違和感を伴っていく。次第にざわつく心を抱えて、それでも彼女は笑顔を振りまいて、側仕えた。彼をより引き立てるのは、自分の役目だ。自分にしかできない。

 私の彼は、素敵でしょう……?


その愛しき君は、彼女の足元で横たわって動かない※寝てるだけです
彼女は妙に冷静だった。いっそすがすがしい気分だった。
それは、自分自身で手を下せたからか。もう自分以外の誰のものにもならないからか。
純朴な憧れが、いつの間にか歪んでしまったことに、彼女は気付かない。

「すがたないだよなあ、妖精王さま。」








↓あとがき。
※ギャグです。



妖精王がもうツボすぎて抱腹絶倒でしてん。
ファームの妖精ともども、もう突っ込みが追いつかないくらい笑って、「こいつwwwいつかwwww刺されるwww(でも冒険者には歯牙にもかけてもらえない)」と思ってたところ、出張帰りにぴーんと来ちゃったんで一気に書いたものがこちらです。

最後はドタバタ系にしようかとも思いましたが、この際、オチまでサスペンス調で行った方がギャグだろうと、突っ込みきれない方向に突き抜けた結果がこれだよ!
どこかで聞いたことのある言いまわしばかりですがまあそれもオマージュ…笑いの一種として…見てもらえれば……(
笑えなかった方は申し訳ないす……死にネタはニヤリとしてもらえるか気分悪くなっちゃうか二極化だと思うのですが、匙加減が難しいですね。ちなみに「手を下した」のは睡眠薬とかじゃないかと。ファームで採れた薬草でなんやかやしたんじゃないかな!
雰囲気上手く作ってストンと落とせるとすごく楽しそうだなあと、挑戦してみました。




今まで、練り練りしたことはあったけど、ちゃんと文章として発表したのは初めてかもしれんなー
明日我に返って恥ずかしくて消したくなるかもしれない(
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/11/15/Thu 02:18 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2012/11/21/Wed 08:59 [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
| | 2013/01/29/Tue 18:40 [編集]

(C)2008 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc.
当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。
© かやのや茶屋. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。